本文へスキップ

貸付・低所得世帯支援事業

生活・入学・教育支援資金貸付

入学資金貸付事業
 他制度の利用が困難な低所得世帯に対し、高校・専門学校・大学などの入学時納入金を無利子で貸付ける事業です。学校の種類により貸付限度額が異なります。市民社協の会費を財源としており、卒業時から6か月間据置後、5年(60回)以内での返済となります。
 収入基準があり、連帯保証人が必要ですので、詳細はお問い合わせください。

生活資金貸付事業
 他制度の利用が困難で、病気やけがなどの理由により一時的に支援が必要な低所得世帯に対し15万円を上限として無利子で貸付をする制度です。市民社協の会費を財源としており、貸付時から6か月間据置後、2年6か月(30回)以内での返済となります。
 収入基準があり、連帯保証人が必要ですので、詳細はお問い合わせください。

生活福祉資金貸付事業
 低所得世帯に対して資金の貸付を行うことにより、生活の安定と経済的自立を図ることを目的としている東京都社会福祉協議会の制度です。低利子または無利子での貸付であり、資金の使用目的によって要件が異なります。       
 収入基準がありますので、詳細はお問い合わせください。

入学資金・教育支援資金貸付のご案内(平成28年度)

低所得世帯支援

高校生教材代支給事業
 低所得世帯及び児童養護施設の高校生を対象に、就学援助として教材代の支給を行っています。生徒1名につき年間30,000円(月額2,500円×12ヶ月)を前期・後期の2回に分けて支給します。
※一定数以上の申請をいただいた際は、支給額を調整させていただく場合があります。

むさしのジャンボリー参加費支給事業
 「むさしのジャンボリー」に参加した低所得者世帯・生活保護世帯及び児童養護施設の児童に対し、参加費1名につき2,500円を支給します。

小学校入学祝金支給事業
 小学校に入学する低所得世帯(ひとり親世帯含む)児童に対し、児童一人あたり20,000円 の入学祝金を担当の民生児童委員を通じて支給します。

ひとり親家庭を応援します(平成28年度)


交通遺児家庭援護費支給事業
 生計中心者が交通事故で死亡または後遺障害のため生活困難となった18歳以下の児童がいる低所得世帯に対し、児童一人あたり年間42,000円の援護費を年2回に分けて支給します。

交通事故に遭われた世帯の児童を応援します(平成28年度)


受験生チャレンジ支援貸付事業
 中学3年生、高校3年生などの受験に向けた学習塾などの費用、高校・専門学校・大学などの受験料の貸付制度(無利子)です。高校・大学などに進学すると返済が免除になります。

「受験生チャレンジ支援貸付事業」のご案内(平成29年度)