本文へスキップ
社会福祉法人武蔵野市民社会福祉協議会

設立・沿革

武蔵野市民社会福祉協議会 沿革


 昭和25年(1950年)  武蔵野市社会福祉事業後援会発足
 昭和37年(1962年)  武蔵野市社会福祉協議会設立(6月9日)
 昭和47年(1972年)  社協創立10周年記念大会開催
 昭和53年(1978年)  社会福祉法人武蔵野市民社会福祉協議会発足(4月24日)
 ボランティアセンター武蔵野発足(5月29日)
 昭和61年(1986年)  市民社協シンボルマーク作成(作:山崎徹二氏)
 昭和63年(1988年)  法人設立10周年記念式典(4月23日)
 平成5年(1993年)  事務所移転(吉祥寺本町4丁目)
 平成6年(1994年)  市民で初、水村七五三彦氏が会長に就任
 平成7年(1995年)  武蔵野市地域福祉活動計画「ふれあいネットワーク武蔵野21」策定
 武蔵野市民社会福祉協議会とボランティアセンター武蔵野が統合
 最初の地域福祉活動推進協議会が発足(〜平成13年までに市内13ヵ所)
 平成10年(1998年)  法人設立20周年記念式典(4月11日)
 平成13年(2001年)  ボランティア国際年記念事業実施
 平成14年(2002年)  ホームページによるバリアフリー情報提供システム整備
 平成16年(2004年)  第2次武蔵野市地域福祉活動計画
          「みんなが主役 ささえあいのまちづくりをめざして」策定
 「武蔵野市民社会福祉協議会第一次会員増強計画」策定
 平成17年(2005年)  「ボランティアセンター武蔵野基本計画<2005-2009>」策定
 「武蔵野市民社会福祉協議会経営改革計画」策定
 平成20年(2008年)  「三団体改革基本方針制定に伴う市民社協具体的個別計画」策定
 法人設立30周年記念式典(4月19日)
 「武蔵野市民社会福祉協議会第二次会員増強計画」策定
 市民社協マスコットキャラクター作成(作:中村沙月氏)
 市民社協マスコットキャラクターの愛称が「あいあい」に決定
 伊藤平司氏が会長に就任
 平成21年(2009年)  「武蔵野市民社会福祉協議会中期計画」策定
 平成22年(2010年)  「ボランティアセンター武蔵野基本計画<2010-2012>」策定
 平成23年(2011年)  現事務所に移転(吉祥寺北町1丁目)
 平成24年(2012年)  小美濃純彌氏が会長に就任
 平成25年(2013年)  第3次武蔵野市地域福祉活動計画
          「みんなが主役 ささえあいのまちづくりをめざして」策定
 平成26年(2014年)  現事務所(吉祥寺北町1丁目)を(公財)武蔵野市福祉公社と共同購入



社会福祉法人武蔵野市民社会福祉協議会