本文へスキップ
社会福祉法人武蔵野市民社会福祉協議会

活動報告(令和元年度)

市民社協が行っている事業の活動報告です。市民社協をもっと知ってもらいたい!と思っています。ちょっとのぞいてみてください♪


 東京都共同募金会の主催により昨年12月に市内全域で行われました。
 みなさまからの貴重な募金は、一部を生活にお困りの世帯へ「歳末見舞金」としてお贈りし、印刷代などの諸費用を除いた金額が、令和2年度の武蔵野市の地域福祉活動費のために使われます。

令和元年度 募金総額 2,475,696円 (前年度実績6,563,451円)

募金方法及び募金額
武蔵野市における歳末たすけあい・地域福祉活動募金は、今年度より「戸別訪問」を中心とした募金活動から、「募金箱」及び「街頭募金」などを中心とした募金活動に変更し実施しました。昨年と比べ、大幅な減額となりましたが、今回のさまざまな課題や改善点を活かし、来年度に向けて武蔵野地区協力会*を中心により良い募金方法を検討してまいります。今後ともご協力をよろしくお願いいたします。

*武蔵野地区協力会とは…赤十字奉仕団や民生児童委員協議会、地域福祉活動推進協議会、武蔵野商工会議所など市内の関係機関・団体により構成され、共同募金運動に協力し、その推進及び運営の適正を図ることを目的とした協議体です。

(1)募金箱設置(45か所)…284,901円
武蔵野市役所、3市政センター及びコミュニティーセンターなど45の団体や企業の窓口に募金箱を設置しました。

(2)街頭募金…351,706円
12月2日(月)、17日(火)、21日(土)に吉祥寺と三鷹、武蔵境の3駅で街頭募金を実施しました。
21日(土)は、3駅に加えてコピス吉祥寺前でも募金活動を実施しました。
街頭募金の様子

(3)武蔵野地区協力会参加団体での募金…546,856円
地区協力会参加団体内部の会議や活動、イベントなどで募金箱の設置または募金用封筒を回覧し、募金を募りました。

(4)職域募金…141,901円
市役所庁舎内や関係機関の職員を対象とした募金

(5)その他…1,150,332円
個人や町会・自治会・ボランティア団体・企業等の取りまとめによる募金

募金の使いみち
(1)歳末見舞金…500,000円
   支援を必要とする50世帯へ歳末見舞金としてお贈りしました

(2)令和2年度地域福祉活動費…1,894,832円
   【内訳】地域社協(福祉の会)への助成(780,000円)
       ボランティア・市民活動団体への助成(1,114,832円)

(3)募金活動に関する諸費用…80,864円
   PRチラシ印刷代、発行経費など


つながりのはじまりの日
  〜「居場所づくり」と聞いてやってみたいと思った方の交流会を実施しました〜

日時:2020年1月 25日(土) 14:00〜16:00
会場:CAFE&BAR dizzle(吉祥寺本町1-11-27 PAL吉3階 吉祥寺サンロード内)
参加者:13名(+幼児2名)、実践報告者2名

◆“「居場所づくり」をやってみたい人”が集結しました
現在、市内には様々なタイプの交流の場が広がっています。市民社協では特に「身近な地域で住民によって運営される、誰でも自由に出入りできるつながりの場(=居場所)」づくりを推進しており、そんな身近な地域の居場所を自分の手でつくってみたい!と思う市民の方を対象とした交流会を開催しました。

◆こんなことをやりました
・居場所ってどんなところ?

市民社協職員より、居場所の概要と市民社協の支援内容について説明しました。

・こんな感じでやっています!

実際に居場所活動を行っている団体より、日頃の活動の様子や始めようと思ったきっかけ、実践していて嬉しかったことなどをお話いただきました。

・参加者同士の交流タイム
 
参加者・実践報告者・職員が自由に交流しました。
和気あいあいと楽しく話す姿、真剣に語り合う姿…様々な様子がうかがえました。


最後にみんなで記念撮影!

*当日の様子をもっと知りたい方、参加者の感想を知りたい方は、報告書をご覧ください♪

市民社協では今後も引き続き、居場所づくりに関心のある方、居場所に参加したい方の支援を行っていきます。
お気軽にご相談ください!



日時:2019年10月17日(木)14:00〜16:00
会場:武蔵野プレイス4階フォーラム
参加者:33名

◆3名の仲間が増えそうです

今回の情報交換会を通し、新しく地域社協で活動する人が増えそうです!

そんな嬉しい結果が得られた、市民社協渾身の事業の報告をさせていただきます。

◆こんな想いを込めて開催しました

『仕事とか趣味に使う時間を削ってまで、地域社協で活動する意味ってあるの?』
私たちが、この情報交換会を企画しようと思ったのは、このようなお声を聞くことがあるから…

\地域社協で活動するメリットが分かれば、関心を持つ人が増えるはず!!/

そんな想いから、今回の情報交換会を開催しました。

◆こんなことをやりました!

・地域社協のことがよく分かる説明

市民社協職員より、地域社協の説明をしました。

・地域社協があって良かった!と思えるエピソード集

市民社協でも把握できている、地域社協があったからこそ起こったイイ話を、厳選してお伝えしました。

・スペシャルゲスト!実習生からのお話

市民社協では、毎年、大学生の実習生を受け入れています。
地域社協は大学生から見るとどう見えているのか?というテーマでお話しいただきました。

・イイ話シートに記入

市民社協で把握している以外にも、地域社協のイイ話はたくさんあります。
そんなイイ話を、思いつく限り書き出していただきました。

・みんなで懇談
 
少人数のグループに別れ、お互いが感じている地域社協のイイ話をシェアしました。
とっても温かい雰囲気でした!



令和元年度 ボランティア・地域福祉活動助成団体が決定しました

 令和元年度ボランティア・地域福祉活動助成事業の申請団体のプレゼンテーションと武蔵野地区配分推せん委員会による審査会が行われ、以下26団体へ総額3,055,000円の助成が決定しました。
 つきましては、助成団体の方々は対象事業完了後または会計年度が終了した時から1か月以内(令和2年4月30日まで)に事業実績報告書の提出をお願いします。 

令和元年度 ボランティア・地域福祉活動助成団体一覧
ボランティア・地域福祉活動助成事業実績報告書
実績報告書(記入例)
申請団体の交流会
申請団体の交付式では、交流会を行いました


社会福祉法人武蔵野市民社会福祉協議会