本文へスキップ
ボランティアセンター武蔵野

活動報告(平成26年度)

3月のお父さんお帰りなさいサロン「減災セミナー〜備えあれば憂いなし〜」

3月のおとぱサロン@
  日 時:平成27年3月14日(土)14:00〜16:00
  会 場:市民社協会議室
  講 師:日本赤十字社東京都支部 減災普及員 高橋 郁弥 氏

 昨年に引き続き、3月は災害をテーマに開催しました。
 今回は「減災セミナー」。「減災」という言葉をはじめて聞かれた方
は約半数。災害に事前に備える大切さを過去の災害の教訓から学びまし
た。大災害が起きると、救急車も手当をできる人も行き渡らない現状を
知ったあと、後半では応急手当について実技を行いました。実技は二人
一組で行い、講師の優しい指導で終始楽しみながら学べました。

                                          講義の様子

 3月のおとぱサロンA  3月のおとぱサロンB
手当の実技にチャレンジ! 上手くできたかな?



2月のお父さんお帰りなさいサロン「地域福祉の現状について」

2月のおとぱサロン@
  日時:2月14日(土)14:00〜16:00
  会場:市民社協会議室
  ナビゲーター:市民社協 主任・地域担当 三藤 和寛
  事例発表者:大野田福祉の会 安藤 頌子 氏
        中央福祉の会  冨岡 茂 氏
          同     日名子 英男 氏

   市民社協の地域担当職員から、地域福祉の意味・社会福祉協議会
  と地域社協の構成・武蔵野市のケース・武蔵野市の13地区の地域
  社協の紹介があり、次いで地域社協の取り組み事例として大野田と
  中央の事例が紹介された。
地域福祉に興味のある方がずらりと参加されました!

 大野田福祉の会安藤氏から、身近な居場所として「ひびのさんち」が平成11年から、「みどりの縁がわ」が平成13年からオープンし、地域での気楽な居場所・つながりづくりの場として親しまれてきていると紹介された。
 中央福祉の会の冨岡・日名子両氏から、中央地区では12の自主防災組織が立ち上げられ、防災をとおして地域のつながりが深められているとの紹介があった。
 両地域とも、地域福祉活動に無関心な人・若い人をどう取り込んでいくかが大きい課題であると指摘があった。
 講師の話のあと、参加者との間に熱心な質疑応答が予定時間を越えても行われ、身近な課題の取り組みとして有意義なサロンであった。
                        (記:お父さんお帰りなさいパーティ実行委員会 委員 笹井)

 2月のおとぱサロンA  2月のおとぱサロンB
休憩時間後には固まった体をほぐす体操をしました 事例発表後の質疑応答も活発に行われました



1月のお父さんお帰りなさいサロン「新春座談会〜夢・希望・挑戦そして私〜」

1月のおとぱサロン@  日 時:平成27年1月10日(土)14:00 〜16:00
  会 場:市民社協会議室

 新年を迎え、新たな気持ちで今年度の夢を語り、希望に燃えて、新た
なことにも挑戦する方々の活発なお話に盛り上がりました。
 参加いただいた方の現在行っている活動や特技、趣味などのお話はそ
れぞれの方の生き様における意欲が感じられ、お互いに啓発し合う点が
多々ありました。
 武蔵野市に住んで、その地域活動がこれからの方は選択肢が広がった
し、すでに活動している方にも他の活動を知っていただき、さらに目標
を深めていきました。
 座談会の後は、相互の歓談を通じて親睦を深め、これからの人生を有
意義に過ごすきっかけを心に刻みつつ和やかなうちに閉会となりました。     和やかな座談会がスタート!
(文:お父さんお帰りなさいパーティ実行委員会・委員長 後藤)

 1月のおとぱサロンA  1月のおとぱサロンB  1月のおとぱサロンC
懇親会も大盛り上がり♪ 一品持込は、自慢の手作りが並びました! 中には手作りコーヒー持参の方もいらっしゃいました!



お父さんお帰りなさいミニパーティ

12月のおとぱサロン

  日 時:平成26年12月13日(土)14:00 〜16:00
  会 場:吉祥寺西コミュニティセンター 分館
  講 師:栗田 充治 氏(亜細亜大学 国際関係学部教授)

 (1)栗田充治氏による「シニア世代のボランティア」のテーマでの講演
  「ボランティア」の語源や、日本では町火消しが江戸時代のボラン
   ティアだったこと、ボランティアをする上での一番の悩みについ
   てお話いただきました。その他、健康長寿の四則(テクテク、カミ
   カミ、ニコニコ、ドキドキ・ワクワク)を心がけようなど終始講師
   と参加者のやりとりも楽しくなされ、あっという間の講演でした。
(2)地域活動団体PRタイム
  身近な高齢者関係の4団体の代表による施設とボランティアの内容についての説明がありました。
(3)交流会
  3つのテーブルに分かれ、なごやかに各テーブルで会話が弾み、予定時間を20分オーバーするほどでした。
  (文:実行委員 原田)




11月のおとぱサロン
  日時:11月8日(土)14:00〜16:00
  会場:市民社協会議室
  講師:NPO法人保育サービスひまわりママ 中村 靖子氏

  19年もの間、ひまわりママで保育を実践された方だけにお話の
 引き出しの多さにびっくりでした。
  それでも大変丁寧な語り口でにこやかにお話をいただきました。
  1.孫を迎えるにあたって
  2.知っておきたい!今どきの育児・今どきの考え方・とっさの
    対応 などなど

妊娠期、出産期、乳児期で赤ちゃんの特徴とグランパ・グランマの対応方法の今昔の違いをお話しいただきました。
 参加者のお孫さんの年齢も多少ばらつきがありましたが、今年12月に誕生予定の方もお二人おられて熱心にノートを取っていらっしゃいました。
 それにしてもグランパ・グランマのお母さんへの一言には注意注意、主役はやはりお母さん、お父さんであることを改めて確認しました。(文:実行委員 辻田)




10月のお父さんお帰りなさいサロン「森と畑で汗を流そう!」

10月のおとぱサロン@


 日時:10月11日(土)14:00〜16:00
 会場:農業ふれあい公園(関前5-19) および
    境山野緑地(独歩の森)
 講師:武蔵野の森を育てる会
    コミュニティファーム


 爽やかな秋晴れの昼下がり、コミュニティファームの畑にてインゲン豆の種まき体験を行いました。
 畑には落花生やナス・ピーマンなどが育てられ、初めての収穫体験に楽しい声が広がりました。収穫後は手作りのジャムや当日堀りたてのサツマイモを輪になっていただきました。

10月のおとぱサロンA











 後半は境山野緑地(独歩の森)へ移動し、武蔵野
の森を育てる会の笹刈り体験と幹を太さを図る体験
をしました。
 参加者の中には「子どもの頃にお手伝いでやって
いた」と手慣れた方も見られ、わずか10分ほどで写
真のとおりスッキリ!さすがお父さん!「おとぱパ
ワーはすごいね!」とみんなで笑いました。




9月のお父さんお帰りなさいサロン「目からうろこ!知っ得!ユニバーサルデザイン」

9月のおとぱサロン
  日時:9月13日(土)14:00〜16:00
  会場:市民社協会議室
  講師:武蔵野市障害者福祉センター センター長 田口 誠氏

  牛乳パックや、ビール缶、サランラップなどで目の見えない方
 たちのために、デザインが工夫されていることを知り「なるほど」
 と目から鱗だった人がたくさんいらっしゃいました。
  また、同じ障がいでも、視覚障がいと車いすの場合で、道路デ
 ザインもニーズが異なることのお話や、盲導犬の利用の方が武蔵
 野市にはいらっしゃらないこととその理由なども初めて知ること
 ばかりで、障がい者についていかに知らないことが多いか考えさ
  この白い紙パックには何が入っているのか、  せられるサロンとなりました。
      触るとわかる工夫が…        小さいころから、自然に理解できる人が増えるような環境作り
                      が大切だなと思います。
                           (文:お父さんお帰りなさいパーティ実行委員会・S)




7月のお父さんお帰りなさいサロン「笑って元気!江戸小噺」

7月のおとぱサロン@
  日程:7月12日(土)
  会場:市民社協会議室

 「江戸小噺笑い広げ鯛」のグループのみなさんの実演・指導で、参加
者全員が小噺を演じたり、小噺カルタを取ったりして、大変盛り上がり
ました。
 会場に机を利用した即席の高座を作り、グループのみなさんが熱演、
指導を受けて参加者全員が交互に小噺を演じました。また、各テーブル
に一分小噺で作られたカルタを撒き、カルタ取りを楽しみました。また、
グループの人の手品の紹介まであり、盛り沢山の内容でした。
 全員が大声で噺し笑い、暑さも吹っ飛ばし、健康増進と参加者同士の
交流も図ることができ、あっという間の2時間となりました。          カラフルな姿で登場した
                                     「江戸小噺笑い広げ鯛」のみなさん

 7月のおとぱサロンA  7月のおとぱサロンB
オリジナル(手作り)のカルタ 参加者の小噺発表!



第15回 お父さんお帰りなさいパーティ


  日時:6月15日(日)13:00〜16:30
  会場:武蔵野スイングホール 11階レインボーサロン

  梅雨時期とは思えないほどの快晴のなか、第15回お父さんお
 帰りなさいパーティが開催されました。
  地域活動団体の紹介や、音楽活動をしているシニアグループの
 演奏、実際に地域デビューされた方の体験談、交流タイムでは地
 域デビューを控えた方同士の不安や課題について話し合いました。
 また、懇親会では今後の活動先や生活についての情報交換が自由
 に行われました。

会場には約100名が集まり、市長も挨拶に来られました

   
ブース展示・見学の様子
今年の展示は写真も多く充実していました
アンサンブル・プルーネによる演奏の様子
優しいマンドリンの音が会場に響きました



5月のお父さんお帰りなさいサロン「ぶらり歩こう会」

5月のおとぱサロン@
  日程:5月10日(土)
  会場:西久保コミュニティセンター 集合

 陽ざしの気持ち良い季節、今回は吉祥寺村立雑学大学理事の佐藤博信
さんをお迎えして、26名の方と武蔵野市中央地区を巡りました。
 西久保コミュニティセンターからスタートし、グリーンパーク遊歩道、関前公園、武蔵野中央公園(中島飛行機叶ユ地)、千川上水遊歩道、井
口家(市天然記念物大ツバキ、サンシュウ)、御門訴事件記念碑、大師
通り経由、三鷹駅がゴールです。上水、公園、遊歩道、今日では貴重な
原っぱ、そして史跡とバラエティに富む散策コースでした。井口家では
井口良美さんに資料とお茶をご用意いただき貴重なお話も聴けました。
 約6Km、2時間の「ぶらり歩こう会」でしたが、新発見のスポット    戦中・戦後〜現在に至るまでの話の様子
も見ていただけたのではないでしょうか。                         @武蔵野中央公園

 5月のおとぱサロンA  5月のおとぱサロンB
まずは全員で準備運動から! 緑のアーチが続く多摩川上水道



4月のお父さんお帰りなさいサロン「紅茶の歴史とアフタヌーンティー」

4月のおとぱサロン@

  日程:4月12日(土)
  会場:吉祥寺西コミュニティセンター 分館


 陽ざしの気持ち良い季節、今回は日本紅茶協会認定ティーインスト
 ラクターの鈴木了美さんをお迎えして、18名の方が紅茶の歴史と
 アフタヌーンティーについて楽しく学びました。


手順に沿って紅茶を淹れる姿は真剣そのもの!器具も本格的!

 4月のおとぱサロンA  4月のおとぱサロンB  4月のおとぱサロンC
先生の話を熱心にメモを取られる方も
いらっしゃいました
おいしい紅茶が入り、会話が弾みます♪ 先生の手作りスコーンをいただきながらアフタヌーンティーを満喫!


ボランティアセンター武蔵野