VCM基本理念


基本理念: 市民に見える 市民の参加しやすいボランティアセンター

ボランティアセンター武蔵野は、市民の意思で開設され市民自治を大切に今日まで活動してきました。
心豊かな人々を育て、みんなが支え合い、明るい社会を作ることを目指し、市民ひとりひとりが豊かな生活を実現するために、福祉の活動分野だけにとらわれず多方面にわたるボランティア活動を進めると同時に、それらの活動をする団体や人々を支援したり、つながりを大切にすることを目的としています。
そのために、VCM運営委員会においても事業推進のために、運営委員の個人能力と専門性を生かした運営を行っていくとともに、市民ニーズに応えられるボランティアセンター武蔵野を目指します。
ボランティアを必要とする人、活動する人・団体を支援するため、基本理念である「市民に見える 市民の参加しやすいVCM」をめざし、以下の3つの活動目標を重点的な取り組みとして掲げます。

活動方針


【令和4年度VCM活動方針】
ボランティアを必要とする人、活動する人・団体を支援するため、以下の3つの活動目標を重点的な取り組みとして掲げます。

1. みんなが知っているボランティアセンターに!
もっと気軽にボランティア活動に参加してもらえるよう、VCMの認知度を高める取り組みを進めます。広報紙、ホームページ、SNS等に加え、啓発イベントやPR動画等の作成などのプロモーション活動を実施します。

2.生活上のちょっとした困りごとを地域で支援するしくみづくりを進めます
相談が増加している「制度の狭間となった様々な生活課題」を地域で支援していくため、生活上のちょっとした困りごとを相談できる窓口を目指します。

3. 次世代の担い手を発掘し、育てます
次世代の担い手に特化した発掘・育成のしかけとしくみづくりを検討するため、現役世代をターゲットとした人材発掘・育成プロジェクトを立ち上げます。